エストニア 日常 国際恋愛 仕事 大学

2020年を振り返る

2020年を振り返る

いつのまに2020年が終わってしまったので2020年の振り返りをしてみようと思います。

結論から言うとコロナウイルスの大流行にも関わらずかなり良い年だった。

学業

まずは本業の学業の方から。大学生活も2年生が終わって最後の3年生が始まるはずだったけど、コロナウイルスの流行があったので最初の一ヶ月だけ学校に通ってそれ以降はもうずっとオンライン。そんなこともあって大学の勉強にコミットするというよりは外部のYouTubeやUdemyなどのオンラインコースを使って自分の学びたいことを主体的に勉強する形になった。

image

卒業が見えるとエストニアへの永住も少しずつ現実になってきたので、特に後半はエストニア語も本格的に勉強を開始し9月に一番簡単なA2取得。逆に2018年から今まで何をしていたんだろう。ライティング、リスニング、リーディングは91-100%、スピーキングが50-59%というかなりバランスの悪い感じになった。原因は痛いほど分かるのでもっと使っていかないと。2月には次のB1試験があるので、できる限り力を尽くしたい。

ちなみにエストニアの永住権に必要な言語レベルはB1、他の国がB2やC1を必須としているところから見ても「やたら難しい言語だし外国人は学ぶのしんどいだろうな」と政府も分かってるんだと思う。

仕事

学業と連動した形になりますが、4月から友達の誘いで独学していた範囲のインターンシップを始めることができました。ちょうどコロナウイルスがヨーロッパで流行ってきた3月頃に仕事探しを始めていたので時期的にはちょうど良かったと思います。とはいっても勉強を始めてから2ヶ月ほどしか経っていなかったのでハーフタイム(週20時間)の無給インターンシップで、ありがたいことにちょうど1ヶ月ぐらい経った頃に正式に働いてみないか?というお誘いをいただきました。とはいえインターンシップ開始時点で別の会社の夏のフルタイムインターンシップが決まっていて、そちらにもどうしても参加したかったので待ってもらうことにしました。夏のインターンシップはかなり大きな会社だったので最初は戸惑うこともありましたが、同僚にも上司にも恵まれて初学者ながらにもたくさんの経験をさせてもらい、最後には内定を頂きました。リモートとはいえ春夏と計4ヶ月ほどお世話になった2つの会社はどちらも本当に素敵で仕事内容も人間関係も充実していたのでギリギリまで迷いましたが2つ目の会社に就職することにしました。仕事開始は大学の授業が終わる1月下旬からになるので、これからもコツコツと勉強を続けていきたいと思います。

人生で初めてのフルタイムワークをしたり、人生で初めてエンジニアとして働いたり、人生で初めてリモートワークをしたり、とにかく新しいが詰まった経験で、これから正式に働き始めるのが楽しみです。

特にオフィスに行ったことすらないので流行が収まるのを待ちます。

恋愛

2月に一年半ほど付き合っていた彼と別れ、7月に新しい彼氏ができました。付き合う前からとても信頼できる人だったこともあって、2ヶ月目には同棲を始めていました。彼の実家に行って彼の家族と一緒にご飯を食べたりまだまだ慣れないエストニア語で会話したりと不慣れなことばかりですが、そんな些細な日常も幸せを感じます。結婚や移住、一戸建て(セルフビルド)の話も早い段階から出ているので、来年はもっと忙しくなるかもしれません。

ちなみに出会いは2020年らしいTinder。わたしはTinderで変な使い方(エンジニアとマッチしてプログラミングを教えてもらう等)をしていたので、まさか将来を見据えた恋愛に発展するとは思ってもみませんでした。

大きくまとめると

  • 初めての就活/仕事/内定
  • 初めてのアパート同棲
  • 初めてのエストニア語の試験
  • 初めての結婚を見据えた恋愛

とにかく初めてがたくさんありながらも自分なりに順応していった2020年。大学卒業に近いこともあって人生が大きく揺さぶられるような決断も多い年だったけど、なんとなく自分の将来、少なくとも10数年間はエストニアにあるんだと実感させられました。多くの人にとってもかなり特殊な年だったと思いますが、わたしにとっては仕事面でも恋愛面でも人生で一番濃厚な一年でだった気がする。2021年はもっともっといい年になることを願う。そして日本に帰りたい。